会員の定め

  1. レールズグループ代表 風間智(以下「レールズ」といいます)が運営するレールズサロンの会員とは、当サロンの目的に賛同し、これを遂行するために以下の各項目の全てに該当する個人、法人、または団体をいいます。

    • 1.レールズの指定する手続に基づき当サロンへの入会を申し込み、レールズにて入会を承認された方。
    • 2.入会時に入会金33,000円をお支払いただいた方。
    • 3. 一般社団法人コンテンツホルダー支援協会の「V.I.P.会員」としてコンテンツホルダー支援を行っている方

会員規約

この会員規約(以下、「本規約」といいます。)は、レールズが提供するサービスであるレールズサロン(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録会員の皆さま(以下、「会員」といいます。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。 ※会員登録をもってこれら全ての規約を承諾したものとします。

  • 第1条(会員)

    本規約は、すべての会員に適用され、会員登録手続時および登録後にお守りいただく規約です。必ずお読み頂き、同意頂ける場合のみ会員登録をお願いします。

  • 第2条(会員資格)

    本規約に同意の上、所定の入会申込みをされた方は、所定の登録手続完了後に会員としての資格を有します。会員登録手続は、会員となるご本人が行ってください。代理による登録は一切認められません。なお、過去に会員資格が取り消された方やその他レールズが相応しくないと判断した方からの会員申込はお断りする場合があります。 レールズは、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

    1. 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
    2. 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
    3. 反社会的勢力等である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っているとレールズが判断した場合
    4. その他、レールズが利用登録を相当でないと判断した場合
  • 第3条(入会条件および注意事項)

    オンラインサロンは事前登録制とします。内部の情報を漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。 運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為があった場合は強制退会とさせていただく場合があります。

  • 第4条(禁止事項)

    会員は本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。 以下の行為が発覚・報告・通報された場合は通告なく即日退会処分となります。 一度、強制退会処置になった方の再入会はできません。

    1. ネットワークビジネス・情報商材販売活動・宗教活動または各活動団体への勧誘行為
    2. その他、レールズが不適切と判断する行為
  • 第5条(本サービスの提供の停止等)

    レールズは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、会員に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

    1. 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
    2. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
    3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
    4. その他、レールズが本サービスの提供が困難と判断した場合、レールズは本サービスの提供の停止または中断により、会員または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
  • 第6条(保証の否認および免責事項)

    レールズの過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により会員に生じた損害の賠償は、会員から当該損害が発生した年に受領した利用料の額を上限とします。 レールズは、本サービスに関して、会員と他の会員または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

  • 第7条(サービス内容の変更等)

    レールズは会員に通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによって会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

  • 第8条(利用規約の変更)

    レールズは、必要と判断した場合には、会員に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

  • 第9条(通知または連絡)

    会員とレールズとの間の通知または連絡は、レールズの定める方法によって行うものとします。

  • 第10条(準拠法・裁判管轄)

    本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には、レールズの本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

  • 第11条(退会)

    会員が退会を希望する場合には、年度末までにレールズまで連絡するものとします。所定の退会手続の終了後に退会となります。 退会手続きを受け付けた期の年度末に退会処理となります。 途中で退会した場合も返金はございません。ご了承ください。 重複登録などを含めたお客様の責任による過失登録は、退会手続きのみを行い、返金を行わないものとします。